Eメールよりも富裕層の心に響きやすいDM

同じ数の顧客を獲得するなら富裕層が望ましいということは誰もが考えることでしょう。現実的に考えて収入が低い人よりも高い人を相手にした方が単純に収益性が高くなるためです。

そんな富裕層を対象とした商売をするにあたってもその成功のカギを握るのは「広告戦略」と言われています。通常の商売と変わりありませんが、その際にEメールより郵便やメール便を利用して個人や法人相手に直接送る商品の案内やカタログ、いわゆるダイレクトメールを活用するのが良いと言われています。

みなさんも一度は受け取ったことがあるでしょう。その最大の魅力はカラーや写真を使うことで実際の商品のイメージを持ってもらいやすい点にあります。更に、サンプルを同封できる点も大きなメリットです。その分費用は掛かりますがEメールのみに頼るよりも確実に販売に結び付くことが多いと言われています。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. 富裕層向けメンバーシップマガジン HighNetWorth Magazine

  2. 「イプソス 2018グローバル富裕層調査」から、富裕層インバウンド戦略における「グローバル・アフルエンサー」の活用を考える

  3. エリアフォーカスで考える富裕層向けDM

  4. 資産運用に特化した富裕層向けメディア「幻冬舎ゴールドオンライン」

  5. ミドルネットワース(プチ富裕層)の集客に成功しているウェブサイト

  6. 東京23区とシンガポールに特化した下見代行サイト