富裕層が利用してるSNS(ソーシャルメディア)

現代はSNSの戦国時代と言われており、TwitterやInstagramなど様々なSNSが誕生し多くのユーザーが登録しています。
メールのような扱いになっているのでもはや利用していないユーザーを探す方が難しい程であり、日頃から利用しているのは富裕層も例外ではありません。そうした富裕層の人々に対して行われた調査によると、富裕層がこぞって登録し利用しているソーシャルメディアとして示されたのは、登録時に実名登録が義務になっているFacebookでした。

Facebookが富裕層に好まれている理由は多々あり、その他の層にも広く利用されている様子からもちろんサービス自体がソーシャルメディアの中でも優れているという理由もありますが、やはり富裕層であるが故に著名であるという点が影響しています。現代において影響力は富をもたらすので、実名が一つのブランドになっているという事もあり、実名登録が義務付けられているFacebookが好都合というわけです。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 富裕層向けメンバーシップマガジン HighNetWorth Magazine

  2. 富裕層がよく見ているウェブサイト5選

  3. 富裕層ビジネスに欠かせない専門雑誌という視点

  4. 富裕層向けフリーマガジン T JAPAN

  5. 世界でひとつだけの商品が付いた富裕層向け雑誌「ミリオンプレシャス」

  6. 富裕層向け分譲情報サイト